« 日本のシニアターゲットと呼ばれる人たちの消費者志向って・・・ | Main | 波がある »

April 17, 2005

高田渡さん、死去に思う

高田渡さんが、釧路でお亡くなりになられたという。
ご冥福をお祈り致します。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050417-0012.html

以前、泉谷しげるつながりで
アコースティックレボリューションというイベントが
日比谷の野音であって、その時見たのが最初で最後であった。

高田渡という人物を知らなかった当時の私は
「このおじいちゃん、大丈夫かな・・」と思っていた。
たどたどしい感じの歌い方は、それはそれで味があって
じんわりきていいなと思った。

でも今日ニュースで見て、享年還暦至らずであったのかと思うと
ものすごい齢の取り方
すなわち、すさまじい生き方をしてきたのだろうと
若輩者ながら思う。

ここ最近、行きつけの飲み屋などでも話すことだが、
東京でも周辺でも地震がものすごく多くなった気がする。
テレビでも、専門家然とした人たちが、
そろそろやってくるとよく言われる。
いつ地震が起きて死ぬかはわからないところなのだと
ひしひしと感じている。

防災グッズも必要だが、それ以上に必要な気がするのは、
いつ死んでしまってもいいような
後悔をしない人生を送ることだと思った。

なんかの拍子で、人は生き、人は死ぬのだから・・・。
我が人生も、二度病気などで死にかけている。
となると、いつまで生きていけるか・・なんてわからない。
だからこそ、後悔なき人生にしたいと
高田渡さんの訃報を知り、改めて思った。

|

« 日本のシニアターゲットと呼ばれる人たちの消費者志向って・・・ | Main | 波がある »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70742/3735134

Listed below are links to weblogs that reference 高田渡さん、死去に思う:

» 高田渡さんの訃報を聞いて〜風が吹いていたあの頃 [暗くなるまで待てない]
高田渡さんが亡くなったと知ったのはYahoo!のニュースだった。あれは90年代初めの頃だったか....。ぼくは一度だけだが、同じ席で高田渡さんと酒を飲む機会を得たことがある。場所は吉祥寺『のろ』。大塚まさじのライヴの後。そこにはギターの神様中川イサトもいた。そのと...... [Read More]

Tracked on April 17, 2005 at 11:43 PM

« 日本のシニアターゲットと呼ばれる人たちの消費者志向って・・・ | Main | 波がある »