May 24, 2009

ブログ引っ越しのお知らせ

というわけで、ブログを下記に引っ越ししました。

http://ameblo.jp/kentabox/

今後とも、よろしくお願い致します。

けんたろ~

|

January 30, 2006

いくつかの偶然の重なりがもたらした「必然」

「旅のオタク化」が進む昨今ですが、それだからこそ、原点というものが大事だったり、ベタなことに感動したりしてしまう傾向が強まっているのかなと思ったりします。

と言いますのも、ここ最近、北海道ローカル番組の「水曜どうでしょう」が関東地方でも、夜遅くに再放送として流されるようになり、たまたま見ていたら、すっかりはまってしまいました。

「水曜どうでしょう」は、ご存じかもしれませんが、タレント2名・ディレクター2名の計4名で構成されている、旅バラエティ番組(?)です。

そこに映し出されているのは旅が本来持っていたと思える楽しみ・躍動感がリアルにベタに映し出されていました。

人は旅をして何を求めているのか、何を感動するのかというのは、名所を巡ったりすることだけでなくて、そこに行き交う人と人との交流があって、そして感動があるのかなと思いました。その「人」というのは、旅行相手もそうでしょうし、旅行先でふれあう人もそうであろうかと思います。

「水曜どうでしょう」というローカル番組の成功というのは、たしかに、旅の本来の魅力と定義づけられてきた、観光名所、素敵な風景、その土地ならではの名物・グルメといったことを、一切メインの題材にはおかなかった(一見、「目的」にはなっていたが、実際には「手段」と化していた)。

往々にして、車や電車内などの移動手段での「愚痴」が番組内容のメインであった。そうしたことでも、視聴者は「旅番組」「旅バラエティ(番組)」と認知し、共感していた。

これは、番組立ち上げ時の環境・経緯によるいくつかの偶然の重なりがもたらした「必然」によるものが大きいものと考えられる。

この「いくつかの偶然の重なりがもたらした必然」を作り出した「いくつかの偶然」とは、具体的には、下記のことである。

・たまたま、深夜番組の放送枠が空いたこと

・キー局の制約を受けないこと(この場合は、テレビ朝日のことになる)

・制作プロデューサー、ディレクターに対し、上層部からの番組内容に対する制約がなかったこと

・スポンサーからの要望もなかったこと

・予算は限りなくなかったこと

こうしたことが「いくつかの偶然」として番組開始時に存在した。

しかし、これだけでは、単なる「低視聴率番組を作り出す条件」と言っても過言ではなくなる。

そうした状況下で、担当ディレクターの藤村氏は、番組開始前から、視聴率5%以上をとることを目標にし、もう一人のディレクターである嬉野氏に話していたという。

このローカルの低予算深夜番組で「5%」という視聴率は、かなりの壁であったに違いない。

でも、それだからこそ、藤村氏は挑戦したくなってみたのだと思われる。

逆に、結果が出なくても、責められることはない。ということは、何も失うものはない・・・ということで、どこまでもポジティブになれる条件であったと捉えたのだろう。

とはいえ、番組制作においては、かなり限られた条件となる。

それではなぜ、この「水曜どうでしょう」が大ヒット番組となったのか。

これは「出演」していた彼らが、

「やってみないことには、わからない」

「行ってみないことには、わからない」

というスタンスで、まずは情報ではなく、体験・経験ありきでぶつかっていったことが、大きな要因となっているものと考えられる。

このことが、今までにない「魅力」を生み出していくことになるのである。

もちろん、企画を実行するにあたり、ディレクター陣は、事前に情報を入手している。その情報は、企画の体験・経験の支えとなっていたし、行動指針となっていた。

しかし、その事前に調べた情報がどんなに正確な情報であっても、彼らにとっては、単なる「仮説」にしか過ぎなかった。つまり、旅をするにあたって、「情報」というものに、全てを支配されることはなかった。(実際に「情報」通りに行動して失敗することはしばしばあった)

「実際にやってみないとわからない」ことを実際に経験してみることで、「仮説」というのは検証することができる。但し、ここでは、その仮説を検証することが目的なのではなく、その「仮説」が正しいかどうかということを問題視していない。というか、そんなことはどうだっていいのである。

それよりも、そこに至るまでの過程において、その「仮説」が正しければそれでいいのか、実際にその「仮説」通り実行していくと、どういった気分になり、どういった感情をもたらすのか・・そうしたこと一つ一つが、言葉となり、会話となり、愚痴となり、盛り上がりとなる。そして、今までの旅(番組)では気づくことの無かった旅の醍醐味というのを、確認し、実感する。視聴者はその出演者の確認、実感によって「追体験」するのである。

一例を挙げると、サイコロをふって出た目の場所に旅をし、東京から札幌まで戻るという企画があるのだが、そこでたびたび選択肢に「深夜バス」というのが登場する。その深夜バスの中でも、東京-博多間を14時間で結ぶ「はかた号」(彼らはキング・オブ・深夜バスと呼んでいる)に彼らは、何度も乗車をするはめになる。

この「はかた号」、たしかに14時間で東京を出発し、目的地博多に到着することが出来る。きちんと夕方に出発して、次の日の昼に到着をする。これは、「情報」として考えれば、何にも問題のないことである。予定通り運行をし、予定通り目的地に到着をしているわけだから。

しかし、実際に「はかた号」に乗車をし、次の日の昼までずっと乗り続け、そして、翌日の昼間に目的地である博多に到着をした出演者たちは、14時間という、「睡眠」という行為をするには、十分過ぎる時間がありながら、ほとんど一睡も出来ないでいる。もちろん、番組上の制約はないので途中で起きている必要性はなく、自分の意思で眠りたいと思っただけ眠ることが出来るはずなのに・・・である。

彼らは、出発時の姿に比べると、明らかに髪の毛はボサボサになり、腰や背中を痛め、顔は苦痛に満ちている。その姿が、途中休憩で立ち寄るサービスエリアや、博多で撮影される。もちろんその時の出演者の台詞なんて決まっていない。言いたいことを言うだけである。

もちろんこの模様を見ている視聴者の中には、その時までに「はかた号」に実際に乗車経験もある人もあるであろうが、大部分の人は、乗ったことがないものと推測される。

しかし、こうした出演者の「やられっぷり」を番組を通して「追体験」することによって、自分も「やられた」感情をバーチャルに抱き、共感し、同情しつつも「やられた」出演者を笑い、愚痴る出演者に同情・共感する。

こうした出演者の「愚痴」こそが、今まで、人が旅に出掛けるときに、ずっと潜在的に思い続けていたけれど、「魅力」という定義にどうしても入れられなかったこと、「動機」というカテゴリーにどうしても分類しなかったこと、顕在してはいけないことと思いこんでいたことなのであろうと思われる。

今後、旅の魅力と言うことで考えていく上で、もちろん「旅の名所」「グルメ」「温泉」「宿泊施設」など、その土地ならではの経験・体験する『ハード』が、魅力としてあげられることは当然ではあるが、それとともに忘れてはならないのは、その目的地に達するまでの一つ一つの行動・言動(時には、ハプニング・失敗・愚痴)といった『ソフト』もまた、旅の魅力であると、思い切って言える時代にもなり、それが「魅力」という名のカテゴリーに入れても許される時代が到来しているのではないかと考えられる。

以上、戯言でした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 29, 2005

プチクリ

昨晩、爆笑問題のススメという番組を見ていて

面白いなあ・・と思いました。

岡田某さんとかいうオタクの評論家が話していたのですが、

プチクリエイターでプチクリ。

プロとアマチュアの間で、それを断じたときに

自己の全てを失うわけではないということらしい。

ブログが反映していくのも、そうしたプチクリ現象なのだろうと思う。

また、そうした気持ちをもつことで、

プロ意識というのは、さらに高まるのかもしれないなあ・・と思った。

またいずれ、つづきを書くかも・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2005

生協の白石さん

以前、どこかのテレビ番組で取り上げていた

ある大学の生協職員の白石さん。

ついに、本まで出ることになったそうで・・・。

世の中、飢えているのかなぁ・・と思い、

確実に需要があるのであろうと思う。

みんな、誰かに話を聞いて欲しいのかなと思う。

以前、ある人に、「愚痴を聞くのを一時間100円でどう?」と

提案したことがある。

はじめは、笑って拒否されたが、そのうちその人が考え出して

「いいかも・・」と言い出した。

それだけ、心にため込んでいる人というのは確実にいるんだと思う。

何も専門のカウンセラーの先生にかからなくても

その程度ではないと思っていても

ちょっとだけでもいいから、

話を聞いて欲しいと思っている人がいるんだと思う。

そんな人の助けになりたいと思う、今日この頃。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

October 12, 2005

お知らせ

ここも使いづらいので、

コラム系は、今まで通り、ここに書いていきますが、

日々の出来事日記は、下記URLにさらに移転です。

http://blog.goo.ne.jp/kenta-box/

この方が、携帯電話からアクセスする皆さんにも便利かと思われます。

たびたびで恐れ入りますが、よろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2005

チャリティーコンサート

午前はのんびり自宅で過ごし、
昼飯を食べた後から今までの疲れがどっと出て寝込む。

それから夕方から、マイミクのUQ氏と原宿で合流し、
さくらの常連K氏お勧めのアーティストの
チャリティーコンサートを見に行った。
K氏とは、会場で合流した。

今回は、出演者自身も団塊の世代ということもあったし、
かつてのヒット曲がかなり昔に
ヒットしたということもあってか
客層の中心は60代であった。

1部はカバー曲中心で
2部からオリジナルも交えてと言う感じ。
前半はバンド編成で
後半は、チェロとピアノとトリオで・・
う~む、誰かと似ているぞ!!(笑)と思った。

今回の出演者がちょうど某伝兵衛さんの10歳上の方で
あったので、伝兵衛氏も10年後は、ああなるのか・・
と思いながら見ていた。

それからたまたま偶然発見した居酒屋の「伝兵衛」に
立ち寄ってみたのだが、閉店時間が早かったので
諦めて隣の店に行って三人で飲んで帰宅した。

<今日の歩数>4253

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 19, 2005

我が性格

人との関係において、
「私」という人の評価は、大きく分けて二分される。

一つは、「私は、きちんとした人である」という評価。
もう一つは、「私は、いい加減な人である」という評価。

どちらかと言えば、後者に捉えてくれている人とは
仕事もプライベートも長続きしているような気もする。

今日午後に会った、クライアントの担当者のK氏とは
数年来のつきあいだけど、
彼は間違いなく私のことを「いい加減な人」
であると思っていてくれているので、
頑張って仕事をすると、
「いい加減な人の割には頑張っていい仕事をしてくれた」
と評価してくれるので、
「また、あいつにお願いすれば頑張るかな」
という期待で、お願いされる。
つまり、加点法の評価であり、いい循環である。
そんなことを、今日の午後、改めて感じた。

というわけで、私は根はいい加減な人なので
その点をご理解頂いて、おつきあい頂くと大変助かります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2005

やる気

昨日の夕方の打ち合わせの担当者が初対面であったので、
今までのσ(^_^)の業績・実績をお話していたら
「けんたろ~さんって、
どこかの業種に偏ったわけではなく、
本当に様々な業種やテーマでの
お仕事をされているんですね」と言われた。

そして、ある人の日記を読んでいて
ここのところ考えていることがある。

様々なお仕事を頂いている中で、
「やりがいのある仕事」とは何かということ
そして、「やる気が起きる時」とはどんな時なのか
ということを、ふと、考えさせられることがあります。

いや、お金を頂いている以上、
どの案件も精一杯やることが前提なのですが。

その上で、どういった案件がやりがいがあるのか、
どんな時にやる気が起きてくるのかと考えてみると、
いくつかの側面から考えられます。

1.ある特定の商品やサービスについての案件の場合
(この場合は、やった時よりもやった後に
やってよかったと思うことが多いが・・・)

1)新商品・サービスの場合
自分の提案したプランや方向性を真摯に受け止めてもらえ、
それを活かしてもらいながら
コンビニやスーパーなどの店頭に実際の商品が出たり、
サービスがスタートした時。
そしてそれを買っている人を目の当たりにした時。

2)既存商品・サービスの場合
自分の提案した方向性でリニューアルして頂き
売り上げが実際に伸びたり、知り合いから
何も教えていないのに評判がよくなった時。

2.会社として

・粗利益が高い時。
(なぜか、粗利と、担当者のやる気が比例していることが
あったりします。
よくないけど、「逆もまたしかり」なのが事実・・)

3.シナジーか?

・実生活が好調な時(特に女性関係)
・会社全体の売り上げが好調な時(今年3月はそうだった)

とまあ、単純にあげても色々とあるのですが、
それ以上に、というか、包括してやりがいあり、
やる気が起きるのは

「担当者のやる気と仮説構築力」
であったりします。
これは、正しいとか間違っているとかの話ではなく
あくまでσ(^_^)の場合ですから、あしからず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2005

おいしいスープカレー

先日、都内某所にて知人の紹介で、
スープカレーを食べに行く機会があった。
先にことわっておくが、インターネットで検索しても、
ほとんど出てこない店であるのと、
マスターがものすごく広めようと思って店をしている感じでもなかったし、
その感覚は、我が知り合いのケーキ工房も同様であるので、
場所と名前は敢えて伏せておく。
その店は、ものすごく小さな店でカウンターのみ5席の店であった。
その店は、夕方は午後6時から開店らしいが、
知る人ぞ知る名店ということで、
σ(^_^)と我が知人は、開店直後の午後6時過ぎから店に入った。
その日は、もう1人、我が知り合いが後から来ることになっていて、
計3名で食べることになっていた。
つまり、「カウンター5席-3席=残席2席」である。
そんなところに、家族連れが3名でやってきた。
最初、マスターが残席2であったので、お断りをしたが、
なかなかその家族連れは帰ろうとしなかった。
そのお母さんは、杖をついていた方で、
わざわざやってきたという感じであった。
でもしかし、先客優先の原則で考えて、
マスターは丁重にお断りをしていた。
そこで、マスターにイスがあれば6人で座るのに我が知人が言うと、
イスはあるのだが、6名で座るとかなり店内が熱くなってしまい、
不快に思うかもしれないが、それでもかまわないか?
と答えた。
そもそも、カレーを食べるわけだし、汗もかくであろうから、かまわない
と、 σ(^_^)と知人が答えると、
マスターは、おそらくマスターの主義に反していたのかもしれないが、
渋々うなづいて、お客様を招き入れることにした。
どうも、その家族連れは、
我々が席をあけるまで、外でじっと待っている覚悟でいるようであったので、
不意の申し出に、その家族は一応は礼を言って店の中に入った。
そして、マスターの予告通り、
ものすごい蒸し暑い環境になったところで
もう1人の知り合いが到着した。
6名で満杯であったが、これ以上いっぱいに人を入れると
この店の雰囲気が台無しになる感じがする店であった。
最初は、ビールとつまみ(これがまたうまかった!!)を注文して、
3人でわいこら飲んでいる間に、
マスターが先ほどの家族連れの分を作り終えてから、1人ずつ注文をした。
σ(^_^)ともう1人の知り合いは、チキンカレーを注文し、
我が知人は、納豆とオクラの入ったカレーを注文した。
そして、しばらくしてから、カレーと、サフランライスが出てきた。
サフランにしては、黄色が薄い感じであった。
まずは、一口カレーを口に運ぶ。
σ(^_^)は激辛とかは苦手なタイプなので、
一番辛くないやつをお願いしたが、
ものすごく味わい深く、奥深い味覚であった。
口当たりは、なんともないけど、
どんどんおいしさが、次々とやってくる感じであった。
我が友人は、辛いものが大丈夫な方だったので、
辛めのものをお願いしていたが、
ヒリヒリする辛さではなくて、じんわりくる辛さで、
これもたまらなくよかったようである。
とにかく、一口一口が、あんまりにも美味しくて、
食べるのがもったいない感じになるカレーであった。
世の中、「まあまあ美味いもの」には、
仕事柄出会ってきたりするのだが、
こんなにも美味いものと出会う機会は、そう滅多にない。
なので、最後まで、ホント、もったいなくて、
しみじみ食べてしまった。
そして、食べ終わってしまうと、ものすごく名残惜しかった。
この味のすごさというのは、その時は、
ものすごく美味しいなあと思って上記のように食べていたわけだが、
それから数日経過した今でも、
ものすごく思い出してしまう味なのである。
というわけで、いずれ近日中に、時間をつくって行きたいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2005

波がある

好不調の波というのがあるよなあとは思っていたけど・・・

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«高田渡さん、死去に思う